みなみかわち歴史ウォーク

今日は天気が崩れると天気予報ではいってたのに、朝起きてみると、なんだかお天気がよくなりそうな気配・・・。弘法大師ゆかりのお寺を巡る「みなみかわち歴史ウォーク第2回」に行くことにしました。

○南海・千早口駅→延命寺→観心寺→楠妣庵観音寺→龍泉寺→瀧谷不動明王寺→滝谷公園→近鉄・滝谷不動駅

■延命寺

弘法大師お手植えと言い伝えられる、樹齢1000余年の「夕照もみじ」。こちらはかなり散っていましたが、池の周辺は真っ赤に染まり美しかったです。

Photo_4 Photo_5

■観心寺

広々として境内で、気持ちのよいお寺でした。楠公の首塚もあります。日本で唯一北斗七星を祀るお寺で、7つの星塚もあったようですが、時間がなくて回れず残念!2 1

3

■楠妣庵観音寺

小さいながらも趣のあるお寺。楠公夫人が草庵を結び、一族の冥福を祈ったところだとか。Photo_6

■龍泉寺

結構坂道を登り、最後には石段を登り、ようやくたどり着く古寺。浄土式庭園が有名らしいけれど、蓮の季節の方が美しいかも。でも、さすがに眺望はGOOD!1_2

2_2

■瀧谷不動明王寺

Photo_7

Photo_10 日本三不動のひとつ、だったんですね。知りませんでした。滝行場や一願不動堂もあるのですが、そこで見かけたのが「身代りどじょう」の文字。なんでも、売店で売られている生きたドジョウを川に放すというものらしいのですが、その場所が大雨で崩れたのか、今はやっていませんでした。そういえば、タイのお寺でも同じようなことができたんですよね。魚を川に流し、籠に入った鳥を放ちました。それが自分の功徳になる、とのことだったのですが、どじょうも同じなのかな。

★14キロの道のり、思った以上に登りが多かったのですが、山道は少なく、整備されていました。コンクリートの道が多かった~。歩きやすいといえば歩きやすけど、反対に足にこたえたかも。。。それにしても、大阪とは思えない自然が残る地域、ハイキングにはぴったり!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

シャンピニオン

お世話になっている奈良のパン教室、今回はシャンピニオン&おやきでした。フランスパン生地で、きのこのような形にしあげるシャンピニオン、アタマのところはカリッ、下の部分はモチッ、一度で二度おいしい~♪ でも、私の不器用さゆえか・・・こんなブサイクなきのこに・・・。

Photo

自宅でリベンジ。アタマの部分をあまり薄くし過ぎないように気をつけました。少しはきのこっぽくなったかな?Photo_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕酵母パン

酒粕酵母はとっても勢いがある・・・先日、冷蔵発酵していたんだけれど、ちょっと用事で思っていた時間に成型できず、結果「過発酵」!見事にすっぱいパンになりました。

でもって、先週末にリベンジ!

Photo_4

こんな季節ですが、3時間もすれば1次発酵、OKでした。いやぁ、本当に酒粕酵母って寒さに強いですよね。ホシノよりも時間がかからずラクチンかも。

生地には白ゴマ・黒ゴマを混ぜ込んで、ひとつはチーズを角切りして混ぜ込み、焼きあがったところでクープに醤油を塗って和風仕上げ、もうひとつは細切チーズをトッピング。酒粕酵母はモチモチとした生地がおいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスといえば、シュトーレン

すっかり毎月恒例となっている、ヴィーナーローゼのお菓子教室。今月はクリスマスに向けて、シュトーレンと、スパイスの効いたクッキーを教わりました。

Photo_5 Photo_6

しっとりとした生地のシュトーレン、今まで教わったところ(主にパン教室)とは味わいが違いました。これ、好きかも~!!でも、焼き上がりに溶かしバター塗って、砂糖たっぷりまぶして・・・食べすぎには注意です。

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子こしょう

残っていた柚子をつかって、柚子こしょうを作ることに。といっても、今まで作ったことがないので、ネットでぐぐって、レシピを検索。青とうがらし:ゆず皮:塩=10:10:1という、わかりやすい比率のレシピを参考にしました。

本当は青柚子を使うんだけど、まぁ同じ柚子なので大丈夫だよね。青とうがらしは、ご近所のスーパーにはないので、友人に頼んで鶴橋でゲットしてきてもらいました。

Photo_3

ミルサーでガーッとまわして終了。気持ちだけ、すりこぎでゴリゴリしました。なんか、からそう~。作ったもののすぐ食べるわけじゃないので、とりあえず、平たい板状にして冷凍しておくことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルダモンのカレー

天六あたりはカレー激戦区らしい。で、人気店のひとつとして雑誌等によくとりあげられている「カルダモン」に行ってきました。7時半ぐらいでしたが、さすが人気店、次から次へとお客さんが入ってきます。

友人は、和牛厚切り肉カレー、私はカツカレーをオーダー。

Photo Photo_2

とろみのあるルーで、ボリュームも満点。人気の理由もよくわかります。が、スパイスの複雑な風味、といった味わいとはちと違うような・・・。もちろんおいしかったですが、私的には梨花食堂のカレーの方が好きかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さきやま商店のコロッケ

今日は友人たちとコラーゲン鍋なるものを食べに行きました。オバサンにはコラーゲンは必須ですから~。明日の朝には肌がプルプルになっているはずです(ほんまかいな)。

で、そのとき、友人から「お土産やで」ともらったのが、桃谷のさきやま商店のコロッケ&ミンチカツ。やった~!! 幻の、あのコロッケです。いろんなグルメ系ブログで取り上げられているのですが、なかなかありつけない・・・。なんでもおばぁさんが一人でやっていて、午前中の2時間ですべて売り切れるらしいとのこと。

何度も何度も店の前は通っているのですが、お店が開いているのを見たことがなく、当然、コロッケを買うこともできなったんです。Photo

めちゃ甘~くて、クリーミーなコロッケ。冷めてもおいしいです。ミンチカツもGOODですが、やはりアツアツ、肉汁じゅわ~というのが食べたい、かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆず★いろいろチャレンジしてみました

最近、友人の肌が少し白くなったような(この年にして)。聞いてみれば「変わったといえば、ゆずの種使った化粧水を作って使うようになったことぐらいかな」とのこと。それを聞き、ど~~しても私もゆず種の化粧水を作りたくなり、ヤフオクでポチッ。

無農薬ゆず5kg・・・化粧水には多すぎました。

友人やら、知り合いやらにおすそ分けしたものの、手元には30個ほどのゆずが・・・で、ちょいっと気合をいれ、休日を使って、いろいろゆずで仕込みました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

作りすぎたゆず大根、他に化粧水やゆず茶(はちみつ漬)も作り、ゆず皮は干したり、砂糖をまぶして冷凍庫へ。それでも、まだあと少し残ってます~。柚子こしょう、ゆず味噌でも作ろっかなぁ~。保存食系は、料理のセンスやら技が求められないので、私でも楽しく作れます♪ゆずを活用するなら、このサイトが便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハピネス☆ヒジオカ こんなん描きまし展2

行ってきました、知り合いのイラストレーターさんの個展。Photo

おるおる、こんな大阪のおっさん、おばさん・・・と思えるほんわか(?!)キャラたちが、とにかくGOOD! 思わずクフッと笑ってしまう、ヒジオカワールド、興味のある人はぜひ。

★11月19日~24日 天神橋筋3丁目 おかげ横丁で開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DONQ仁瓶氏のパン講習会

いつもお世話になっているお菓子教室で開かれた、DONQ仁瓶氏のパン講習会に参加しました♪Photo  

どんな講習会になるのかドキドキしてましたが、いきなりフランスパン生地で作ったピザの試食~同じ生地のフランスパンと食べ比べ、美味しかったですぅ!

Photo_4 Photo_5

製菓用の窯に、石床を急遽セッティングして使用されていたのですが、スペイン産や御影石の石床、鉄板によって、フランスパンの内相がどう変わるか比較したり・・・とっても興味深い内容でした。

鉄板では石床のように、うまく内相ができないということだったのですが・・・予想以上にうまくあがっていてシェフも苦笑い。でも、よく見れば、鉄板は空洞が上に偏っています。

Photo_8

Photo_6 Photo_7

Photo_9 それにしても、プロってやっぱりすごい。クープの入れ方やスピード、こね方などなど、間近でみるとため息もの。でもって、理論的なお話や業界のことなどもいろいろ聞くことができ、なるほどと思うことがたくさんありました。普段はホシノと国産小麦を使っているけど、ドライイースト少量で長時間発酵もおいしいよね・・・と思ったり。

午前10時から始まって、昼食もはさみながら、ラストは夜10時まで!さすがに最後は数名のみ居残っていただけなので、フランスパンの成型にもチャレンジさせて頂きました。

Photo_11

雑誌等で紹介されていた、こねずに6回おりたたむだけで作るフランスパンも実践してもらえてラッキー♪これ、ぜひ試したい~!フランスパン成型苦手だし、リュスティックで作ってみようかなぁ。Photo_13

フランスパンはもちろんおいしかったけど、くるみとあんずのリュスティックめちゃうま。Photo_14

窯の床をかえたり、粉の配合を変えたりしながら、いろんなリュスティック&フランスパンを焼いていただいたのですが、そのひとつひとつ、キチッと香りを確認し、内相を見て、味もチェックされているシェフの姿にちょいっと感動!! フランスパンへの愛情というか、こだわりが伝わってくるようで・・・一流って違うんですね、やっぱスゴイわ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«針中野のカフェ♪こぽこぽ