« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

てぃんとの検診

特に理由はないけれど、ズルズル。さぼりっぱなしだったブログ。気分一新、またまた書き始めることにしよう。

ここ最近のイチバンのできごと、といえば・・・そうティントが手術をしてから1年以上たったということ、かな。でもって先週検診にいってきた。

実は冬の間、ときどき、パテラの子がよくするスキップのような動作をしていたので気になっていたので、ちょっとヒヤヒヤしていたのだが・・・結果は手術した靭帯の方は、経過良好! 寒い季節などにビッコをひいたりするのは靭帯の手術の後遺症らしい。

レントゲンをとってもらったら「人工靭帯も切れていないようだし、まぁここまでくれば切れても大丈夫だけどね」とのこと。が、歩行チェックしてもらった際に、反対の後足が気になるという先生の言葉が。

「レントゲンを見ても靭帯はうつりませんが、全体の状態や歩行の様子をみると、どうやら部分断裂してますね」

手術した際「反対側の足も数年のうちに靭帯が切れる可能性がとっても高い」と聞いていたけれど、やはり少々ショックだった。が、先生はいたって冷静で「このままでOK。運動制限? 必要なし。運動を制限することで筋肉がおちてしまう方がよくないですから。何度もいいますが、部屋で安静に過ごさせていても、靭帯は切れるときには切れます。」

なるほど。私的には、そんな先生の考え方に大賛成だ。筋肉が落ちればそれだけ膝への負担も大きくなるし、将来手術をする際にも回復が遅くなるし。まぁ今まで通り、がイチバン! 

が、足とは別になんと・・・肝臓の数値が異常に高くてビックリ。ファーブルは整形でかかっているので、後日ご近所の動物病院で再検査してもらった(10日後)。数値は正常だった・・・一時的なもの、たとえば心筋症とか、筋肉の炎症とかじゃないかという話だったけど。除草剤などの可能性もあるんじゃないかな(素人的には)。とにかく、今のところなんともない、とのことなのでひと安心!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »